新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

インフルエンザ

インフルエンザb型の潜伏期間と症状まとめ

インフルエンザはa型、b型、そしてc型の3種類があり、インフルエンザb型は数年に1回流行する病気として知られています。

インフルエンザb型は他のインフルエンザの型とどこが違うのでしょうか。

インフルエンザb型の潜伏期間と症状について調べました。

 

インフルエンザb型の潜伏期間は?

インフルエンザb型の潜伏期間は1日から3日です。

潜伏期間が終われば初期症状が現れるのですが、初期症状が現れるまでは4日から5日かかることもあります

他のインフルエンザの型に比べてインフルエンザb型の潜伏期間は長いですからご注意ください。

 

インフルエンザb型の症状

インフルエンザb型の症状は風邪とよく似ていると言われています。

インフルエンザといえば高熱が特徴なのですが、インフルエンザb型の場合は熱は37度から38度程度でそれほど高熱になることはありません。

それ以外の特徴としては、だるさやふらつき、寒気、関節痛です。

またインフルエンザb型はお腹に影響が出て、腹痛や下痢に苦しむ方も多いです。

しかし、いずれにしてもこれらの症状は風邪とよく似ているために見逃してしまう方が多いです。

熱もそれほど高くないことから会社や学校に行ってしまう方も多いのですが、インフルエンザb型は場合によっては重症化して合併症を引き起こす危険もあります。

風邪かな?という症状があってお腹の調子も悪い場合はインフルエンザb型を疑い、早めに病院を受診してください。

 

インフルエンザb型はインフルエンザa型と比べて症状が軽いことが多いですから軽視する方もいらっしゃいますし、風邪だと思って病院に行かなかったらインフルエンザb型だったという方もいらっしゃいます。

しかし、インフルエンザにかかっていたにも関わらず会社や学校に行ってしまったら、周りにうつしてしまうかもしれません。

インフルエンザb型が流行っている時に風邪っぽい症状が出たら、無理をしないですぐに病院を受診して調べてもらってください。

 

 

-インフルエンザ
-,