新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

178494c51eb3fcb968551426b82c940c_s

お祭り

八幡祭2016年の日程と場所の詳細はこちら!

祭りといえば夏や秋に開催されるイメージがあります。

確かに祭りの多くは夏や秋に開催されています。

祭り好きにとって冬や春は少し残念な季節なのですが、そんな季節にも、開催されている祭はあるのです。

毎年春に開催される八幡祭についてみてみましょう。

八幡祭2016年の日程と場所

八幡祭は、毎年4月14日と15日に開催されます。

曜日の並びにかかわらず、毎年14日と15日の開催と決まっています。

週末にお祭りに参加したいと考えている人にとってはやや残念ですが、祭りの背景には長い歴史があることを考えれば、特定の日に開催されることは納得できるのではないでしょうか。

14日には松明まつり、15日には太鼓まつりが開催されます。

両方に参加してもよいですし、1日しか参加できない、という人はどちらか関心の高いほうを見に行ってみましょう。

八幡祭へのアクセスは、JR近江八幡駅から徒歩30分です。

4月開催のため季節は良いですが、徒歩30分がつらい場合は近江八幡駅から路線バス(近江鉄道バス)を利用しましょう。

 

八幡祭ってどんなお祭り?

祭りといえば長い歴史を誇るものが多いですが、八幡祭はさかのぼれば西暦275年に至る祭りです。

歴史好きの方はぜひ一度足を運びたいお祭ですね。

西暦275年には、近江に行幸した天皇を、松明をともして道案内した人物がいたと伝えられています。

松明の明かりを見ながら、歴史の重みを感じることができます。

さらに、太鼓祭りでは、各郷ごとに伝えられている方法で太鼓が打ち鳴らされます。

郷ごとの違いを楽しんでみてもよいでしょう。

 

八幡祭のおすすめポイントは?

八幡祭のおすすめポイントは、大きな松明と、郷の伝統がわかる太鼓です。

初日は松明、2日目は太鼓を楽しみましょう。

初日の松明まつりは朝から晩まで開催されます。そのため、夜の闇を明るく照らす松明を見ることができますよ。

ライトアップなどとはまた異なる趣を感じられる松明の火を見に行くのもよいですね。

 

まとめ

八幡祭は春に開催される珍しいお祭です。

2日に分けて松明と太鼓を楽しむことができるので、祭りの雰囲気を異なる角度から感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

-お祭り
-