新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

a2094619e196a8d454e821d083f00c92_s

喪中はがき

喪中はがきを受け取ったらどうすればいいのか?

不意に届く喪中はがき、受け取った場合にはいったいどうしたらよいのでしょうか。

文書で返信するの?

なんて書けばいいの?

受け取ったままで放置はよくないの?

など、どうしたらいいのかわからず困っている方にわかりやすく説明します。

喪中はがきを受け取ったら(お悔やみを既に知っていた場合)

喪中はがきを受け取った際に、寒中見舞いや年始状で返信します。

喪中はがきが来た時点でご不幸を知っていた場合も始めた知った場合にも同じです。

年内にすぐに返信したい場合、「喪中見舞い」として返信、新年のあいさつとして返信したい場合には「年始状」で返信、松の内が終わってから出したい場合には「寒中見舞い」で出すとよいでしょう。

【文面に書く内容】

喪中はがきの御礼

ご不幸を思いやる言葉

家族の皆様の寂しい新年の励まし

こちら側からの年賀状を欠くお詫び

などです。

 

喪中はがきを受け取ったら(亡くなったことをその時に知った場合)

喪中はがきを受け取って初めてご不幸を知った時にも、上記と同じタイミングで返信をすれば大丈夫です。

すぐに出しても、新年を迎えて落ち着いてからでも自分の判断でよいでしょう。

【文面に書く内容】

こちらも上記の場合と同じですが、ご不幸を知った驚きを加えてご冥福を祈る気持ちを書きましょう。

決まった言葉でなくても、お悔やみの気持ちと相手の心情を思って励ますような言葉を忘れないようにすれば想いが伝わります。

 

すでに年賀状を出してしまった後だったら

すでに年賀状を書いて投函してしまった場合、そのままで大丈夫です。

相手のご不幸を知らない場合にこのようなことが起こるのは仕方がないのですから失礼には当たりません。

ご不幸があった側が「年賀状を出しません」という挨拶状が喪中はがきです。

年賀状を受け取ってはいけないということではないので安心して下さい。

気になるようでしたら、親しい間柄なら電話などで年賀状をすでに出していることを伝えてもよいですし、そのままでも相手側はわかってくれるでしょう。

 

まとめ

喪中はがきを受け取った場合、先方に年賀状は出さないようにしましょう。

喪中はがきの返信として、喪中見舞い・年始状・寒中見舞いで返信すればこちらの想いを伝えられます。

年賀状を出してしまった後に届いた場合にはそのままでもよいですし、気になるなら一言伝えておくとスッキリしますね。

-喪中はがき
-,