新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

7f90aa95f408cf910734a92953ca93f0_s

お正月

鏡餅の意味は?飾り方と期間、処分の仕方まるわかりガイド

お正月には必ず飾る「鏡餅」ですが、まん丸の重ねたお餅にいったいどんな意味があるのでしょうか。

上に乗せるだいだいの意味は?いつまで飾っていいの?と疑問がたくさん!

鏡餅のあれこれを完璧に覚えてお正月を迎えませんか?

鏡餅の意味は?どうして飾るの?

日本には古くから新年を迎えると、神様が我が家に降りてくるという言い伝えがあります。

まん丸のお餅は神様が宿る鏡に似ているということで、鏡餅をお供え物としていたのです。

このお供え物の鏡餅を家族皆で食べることで、神様からの祝福や恩恵を受ける事が出来るとされています。

1年間の家族皆の健康や幸福を願って神様の力を頂くという意味なのです。

お餅を重ねるのは円満に年を重ねるという意味で、丸い形は円満を表しています。

 

鏡餅の飾り方

白木の三宝(お餅を乗せる台)の上に半紙や四方紅を敷きます。

※お餅の下に敷く赤い縁取りの紙のことを四方紅と言います。

裏白の葉(緑の葉っぱ)の白い面を前に向けて乗せます。

その上に二重に重ねた丸餅を乗せて、お餅の上にだいだいを乗せます。

三宝がない場合はお盆でもよく、だいだいの代わりにみかんでも大丈夫です。

地域によって飾るものが違ってきますが、自分の地域の習わしに従って下さい。

 

鏡餅はいつまで飾る?処分の仕方は?

鏡餅は12月28日までに飾りましょう。

神様が降りてくるのは新年の初日の出の頃です。

29日にお餅を備えるのは縁起が悪いのでやめましょう。

神様が宿る時間に間に合わないことがないようにしましょう。

1月11日は「鏡開き」と言われ、鏡餅を飾ってよいのはこの日までです。

1年間の家族の健康と幸せを祈って、1月11日に鏡餅を家族皆で分け合って食べて下さい。

鏡餅は切ってしまうと縁起が悪いので、割って食べましょう。

 

まとめ

鏡餅はその丸い形や重ねることにも意味があります。

年神様を迎えるためのお供え物なので、鏡開きという儀式で家族の1年間の健康と幸福を願ってお餅を食べます。

鏡餅は新しい1年を迎えるのには欠かせないものですね。

-お正月
-, ,