新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

7f90aa95f408cf910734a92953ca93f0_s

お正月

鏡開きってどういう意味?いつするの?

鏡開きって聞いたことがありますか?

お正月に年神様にお供えしていた丸い鏡餅を下げて、家族皆で食べる儀式のことです。

年神様に供えた鏡餅には神様の力が備わり、それを食べることで家族の1年間の無病息災を祈願します。

今回は鏡開きの意味や決まり事をじっくり調べてみましょう。

鏡開きとは

お正月に年神様にお供えしていた鏡餅を家族皆で割って食べる習慣を鏡餅と言います。

神様の力が備わった鏡餅を感謝しながら食べる事で、その恩恵を受けられると言われています。

健康で幸福な1年が送れるようにという気持ちでお雑煮やお汁粉にして食べます。

注意点としては、鏡餅を包丁で切ってはいけません。

切腹のイメージがあり縁起が悪いことになってしまいます。

丸餅は手で割るか、木づちで叩いて食べることが理想です。

「割る」という言葉は縁起が悪いとして鏡を「開く」という言葉を使っています。

 

鏡開きはいつするの?

一般的に鏡開きは1月11日に行うことが多いです。

鏡開きの日は、実は地域によってかなり違うことに驚くかもしれません。

正月飾りを飾っておける「松の内」が地域によって違い、関東は7日まで関西は15日までを言います。

松の内が終わってから鏡開きをするので、関東では11日、関西では20日ということになります。

関西の中でも京都は1月4日に行われるので本当に全国で違っていて面白いですよね。

 

結婚式での鏡開きとは違う

結婚式で行う鏡開きは喜びの演出として日本酒を使います。

樽酒を開いて皆で乾杯して幸せを分かち合います。

樽の中のお酒は喜びごとに欠かせないもので、お酒の語源も「栄える」から来ていると言われています。

鏡開きは鏡を開いて運を開くということでお餅も日本酒もとても縁起が良いのです。

 

まとめ

お正月にお供えしていた鏡餅を、鏡開きの日に割って家族皆で食べることが大切です。

鏡餅には年神様の力が宿り、家族が健康で幸せに暮らせると言います。

年の初めの昔からの習慣はこれからも続けていくとよいですよね。

新しい1年の素晴らしい幕開けになるはずです。

 

-お正月
-, ,