新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161120

お菓子

パネトーネって何?材料と作り方詳細♪

クリスマスの頃によく見る伝統的な菓子パン「パネトーネ」を知っていますか。
本格的なクリスマスを過ごすならぜひ準備しておきたいですよね。
パネトーネについて、今回は詳しく紹介していきます。

パネトーネとは

パネトーネとはイタリア・ミラノの伝統的な菓子パンで、クリスマスの頃に親しい人達に贈る習慣があります。
パネトーネ生地の発酵にはパネトーネ酵母を使用します。
特殊なイーストであるパネトーネ酵母を使って何度も発酵を繰り返すため、大変に手間がかかります。

レーズンやレモン、オレンジなどドライフルーツの入った人気のパネトーネは保水性が続き、芳醇な香りが長続きします。
保存性も高いのでクリスマスには欠かせません。

パネトーネの材料と作り方

基本はパネトーネ酵母を使うので難しく、イタリアではお店で買う人が多いようです。
今回は気軽に作れるパネトーネの作り方を紹介します。

【材料】
強力粉 160g
パネトーネマザー酵母 10g
きび砂糖 大さじ2
卵 1個
水 50cc
無塩バター 35g
塩 少々
漬け込みドライフルーツ(レーズン・カレンツ・ドレンチェリーなどをラム酒につけこんでおいたもの) 80g

【作り方】
①卵・バターを常温に置き、漬け込みフルーツは水けを切る
②大きなボウルに小麦粉以外を入れてゴムべらでボウルにつかなくなるまでこねる
③②がまとまってきたら、粉を振ったまな板でよくこねる。
④この生地をボウルに戻し、一晩寝かせて発酵させる。
⑤大きく膨らんだ生地は粉を振ったまな板に広げ、ガス抜きをして再びまとめる
⑥生地をマフィン型に入れて再び6時間発酵させる
※発酵させるときはラップをしてスチロールの箱などに入れるとよいです
⑦発酵させてふくらんだら、表面に切れ目を入れて200℃のオーブンで30分焼く
⑧熱いうちに溶かしバターを塗って粉砂糖を振りかければ完成です。

初心者には発酵が少し難しいかもしれませんが、本格的なクリスマスのために頑張ってみませんか。

まとめ

クリスマスに欠かせないパネトーネは本場では実は家庭で作りません。
手間をかける分、芳醇な香りとバターやフルーツの美味しさが引き立ち本当に美味しいです。
今年のクリスマス、ぜひチャレンジして下さい。

-お菓子
-,