新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161121

喪中はがき

寒中見舞いは官製はがき?私製はがき?出し方は?

2016/11/26

寒中見舞いを受け取ったことや送ったことはありますか?
寒中見舞いはどのようなときに出すものなのか、どのような内容を書けばいいのか、詳しく知らない方も多いようです。
年賀状のやり取りで失礼があったときにも使える寒中見舞い。
やり取りに関する基本的なルールを知っておくと便利ですよ。

寒中見舞いとは?いつ出すの?

夏場は会う機会の少ない友だちや知人、親戚などへ宛てて暑中見舞いや残暑見舞いを出すことがありますね。
同じように冬場、寒い地域で暮らす相手を気遣う冬場の便りを寒中見舞いといいます。
喪中で年賀状のやり取りができないときや、何らかの理由で年賀状の返信が遅れてしまった場合にも使える便利な寒中見舞いですが、出せるのは一定の期間だけです。
正月用の松飾りを外す頃から春の訪れを告げる立春までに届くよう送るようにしましょう。

寒中見舞いのハガキはどんなものを使えばいいの?

季節の便り、喪中で年賀状が出せなかった場合どちらの場合でも寒中見舞いは郵便局で販売されているごく普通の官製はがきを使って書けばOKです。
喪中であっても喪中はがきを書くときに使う弔事用のはがきは使用しません。
官製はがきでなく、私製はがきに切手を貼って出しても構いませんが、はがきの場合と同様、弔事用の切手をしないようにしましょう。
服喪中の方へ挨拶として寒中見舞いを送るときは、余っていたとしても年賀状を使うのはNGです。
イラストや背景を入れても構いませんが、喪中の場合はおとなしめのデザインをおすすめします。

寒中見舞いの文例の基本

寒中お見舞い申し上げます
例年にない厳しい寒さが続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか
お風邪など召しませぬようご自愛ください。

必要に応じて近況などを含めるといいですね。
基本の寒中見舞いは季節の挨拶がメインです。
喪中の相手に送る場合は悲しみに包まれている相手を思いやりことばの使いかたなどに気をつけましょう。

まとめ

官製はがきで書いた場合、書き損じたはがきは手数料を払えば郵便局で新しいものと交換してもらうことができます。
寒中見舞いをたくさんの方へ送るのであれば、書き損じたはがきがムダにならない官製はがきを使うといいですね。

-喪中はがき
-,