新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161126

初詣

初詣っていつまでに行けばいいの?意味と由来も調べてみた

2016/11/27

お正月は初詣に毎年言っているという方は多いでしょうが、いつまでに行かなければならないものなのかはご存じですか?
混雑しているときに行きたくないからと三が日を外していたら、仕事が始まって忙しくなってしまい、気がついたら1月も終わってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

初詣はいつまでに行けばいいの?
初詣に行く意味と由来は?

混雑する中に出かけることは大変だけれど、お参りすることで心が落ち着き、新年に対して新たな希望が生まれてくるものです。
一年をより良い年にするために行っておきたい初詣について調べました。

初詣はいつまでに行けばいいの?

初詣はこの日までに行かなければいけない、という決まりは特にありません。
年始はいろいろと忙しい日も多いですから初詣に行く予定を入れられない方も多いでしょうから、都合がついたときを狙って初詣に行くようにしてください。
初詣だからお正月の間に行きたいという方は、松の内である1月7日を目安にするといいですよ。

初詣に行く意味と由来は?

初詣の意味は、その名前の通り「初めて」「詣でる」ですから、「年の初めに自分の意志でお参りに行く」です。
誰かに呼ばれてうかがうのであれば「参る」ですが、「詣でる」ですから、自分からお参りに出かけるという意味だとおモボ得ておきましょう。

初詣の由来は「年籠り」という行事にあります。
大晦日の夜から元旦にかけて、人は豊作や家内安全を祈りつつ歳神様の祀られている神社に籠もりました。
その年籠りが変化した結果、今のように初詣となったのです。

年籠りは大晦日の夜から元旦にかけて行われる行事だったため、初詣は元旦に行くものとされていました。
しかし、現在はそのような考え方はありませんので、元旦を過ぎてからお参りする方も多いです。
そしていまは歳神様にお参りして初詣を終わらせなければいけないという考え方も少なくなりましたから、近所にあるなど、それぞれ自分の都合に合わせてお参りする寺社を選んでいます。

まとめ

お正月の初詣は毎年の決まりになっている家庭も多いですが、意味や由来、そしていつ行ったらよいかなどの決まりごとを知っていたという方はいらっしゃいますか?
新年から新たな気持で一年を過ごすために、まずはお参りから始めましょう。

-初詣
-,