新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161126

初詣

初詣って神社か寺どっちに行くことをいうの?

お正月は多くの方が初詣に出かけますが、初詣は神社に行っていますか?それともお寺に行っていますか?
人によって、神社に行かれる方、そしてお寺に行かれる方、それぞれですが、本来、初詣はどっちに行くことを指すのでしょうか?

初詣は神社とお寺のどちらに行ったらいいの?
初詣に神社に行く場合とお寺に行く場合の違いは?

近所にあるから、または有名だからと何も考えずに初詣の場所を決めている方も多いでしょうが、初詣は神社とお寺のどちらに行くべきなのか、そして何が違うのか調べました。

初詣は神社とお寺のどちらに行ったらいいの?

初詣に多くの方が訪れる人気の場所を調べてみますと、神社である明治神宮が上位にランクインしていると思えばお寺である成田山新勝寺も同じく上位にランクインしていますから、神社もお寺もどちらも多くの方が訪れていることがわかります。

現在は神社とお寺はしっかり区別されていますが、以前は神仏は同一のものと考えられていました。
宗教上の理由でどちらかを選ばなければならないのならば話は別ですが、基本的には神社とお寺はどちらでも構いませんとおぼえておきましょう。

初詣に神社に行く場合とお寺に行く場合の違いは?

神社とお寺では、それぞれ参拝するときの作法が異なります。

お寺の場合
・頭を軽く下げてから鐘をついてお賽銭を入れる
・合掌して祈願する
・軽く一礼する

神社の場合
・軽く一礼して鈴を鳴らして賽銭を入れる
・二礼二拍手一礼する
・合唱して祈願する
・深く一礼する

お寺の場合は拍手はしません。そして初詣には数珠を持っていきましょう。

まとめ

神社とお寺では参拝するときの作法は異なるのですが、昨年中の感謝の気持ちとこれから1年の祈願で初詣に行くというところには違いがありません。
神社とお寺はどちらに行っても構いませんし、両方行ったとしても何の問題もありません。
宗教上の問題で神社に行ってはならない、という決まりがある宗派もありますが、そうでなければ気にしないで神社でもお寺でもどちらでも構いませんので初詣に行きましょう。

-初詣
-, ,