新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

初詣

初詣の意味とは?正しいお参りの仕方をマスターしよう!

年が明けたら毎年初詣に行っているという方は多いですが、初詣の意味やマナーについて考えたことはありますか?
毎年の決まりごとと思って特に何も考えずに初詣に行っている方が多いのではないでしょうか。
当たり前のように行っている初詣ですが、初詣には大事な意味があるのです。

初詣の意味は?正しいお参りの仕方は?など、いつもしていることなのによくわかっていないことが多い初詣のマナーについて調べました。

初詣の意味とは?

新年の初めに神社やお寺に自らお参りに行くことが初詣なのですが、現在のように有名なところに参拝に行くのではなく、以前は地域を守ってくれている氏神様に参拝に行くということが決まりでした。

地域の神社に参拝することにより、初詣には氏神様に昨年の感謝の気持ちを伝え、今年1年の無病息災、家内安全を祈るという意味が込められています。

初詣はいつまでに行くべき?

初詣はいつまでに行かなければいけないという決まりがあるわけではありません。
しかし、一年の最初にお参りに行くという意味がありますから、お正月のうち、少なくとも松の内までは行くようにしてください。

初詣の正しいお参りの仕方は?

神社に入ったら、まずは手水(ちょうず)で、手や口を清めます。
そして神前に着いたら、小さく一例をしてからお賽銭を納めます。
お賽銭は遠くから投げる方もいらっしゃいますが、神様へのお供え物の一つですから、勢い良く投げたりはしないででください。
お賽銭を納めたら、鐘を小さく1回鳴らしてお清めをして、二礼二拍手一礼で終わります。
何かお願いごとをしたいという方は、拍手をした後で心のなかで念じるようにしてください。

まとめ

初詣でお参りをすることが毎年の決まりになっていて作法は考えたことがないという方も多いのではないでしょうか。
お参りの後はどこか遊びに行くという方もいらっしゃるでしょうが、できれば寄り道をセずにとりあえずはまっすぐ帰りましょう。
せっかくお参りした福が寄り道をしたら落ちてしまいますよ。

-初詣
-,