新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

7f90aa95f408cf910734a92953ca93f0_s

お正月

正月太りの原因と解消方法は?おすすめダイエット法!

2016/12/01

普段は忙しい毎日を送っている方も、お正月は実家に帰ったりしてのんびりと過ごすことが多いのではないでしょうか。
ゆっくりとした時を過ごして体を休めることも時には必要なのですが、正月が終わって悩まされるのが正月太りです。

正月太りはどうして起こる?
正月太りを解消するためにできるダイエット法は?

ダイエットの敵である正月太りの解消法について考えました。

正月太りはどうして起こる?

年末からお正月にかけては行事が続きます。会社の忘年会にクリスマス、そしてお正月とお酒を飲んだりごちそうを食べたりする日が続いたのではないでしょうか。

太りたくないからと普段は食事の量などを考えている方もイベントのときだけはつい周りに合わせて食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまうものです。
イベントが立て続けにあるために、そんなつもりはなかったにも関わらず食べすぎて正月太りになります。

もう一つ、正月太りは食べるものにも原因があります。
正月に食べるおせち料理は長く食べることを考えて塩分の多いものが多いです。
人は塩分の多いものばかりを食べますと水分を欲するために体が水を溜め込んでしまってむくみを引き起こし、お正月はあまり動かないためにむくみが解消されることなく正月太りとなります。

正月太りを解消するためにできるダイエット法は?

むくみを解消するためにはリンパマッサージが効果的です。
足首からふくらはぎ、そして太ももに向かって下から上にリンパに沿ってマッサージをしましょう。
入浴中、または入浴後はリンパの流れも良くなっていますので効果が高くおすすめです。

お正月の間はほとんどど外に出ずに家の中でゴロゴロしていたという方は、脂肪がついてしまった可能性が高いですからストレッチで体を引き締めましょう。
骨盤を引き締めることを意識して八の字を描くように腰を回すストレッチは下半身の引き締めに効果的です。

正月後に食べる食事も正月太りを解消することを意識したメニューに変えてください。
胃腸の消化が良くなれば代謝も良くなりますから、柔らかく煮込んだ野菜や豆腐、お粥などいに優しい料理を食べることがおすすめです。
しばらくのあいだは肉料理などカロリーが高く消化の良くない者は控えてください。

まとめ

正月太りをほうっておくと増えた体重が戻らないままになってしまいます。
たまには休むことも必要ですが、早く普通の生活に戻れるよう、お正月が終わったら頑張ってダイエット生活してください。
早く元の体型と普通の生活のリズムを取り戻しましょう。

-お正月
-,