新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

7d050dfd06e20a08fc9fbd5ffa7d2eca_s

インフルエンザ

インフルエンザ脳症って何?ならないために気を付けること

インフルエンザにかかってしまうと、合併症を引き起こしてしまう可能性があります。
合併症の中で最も恐ろしく重篤化しやすいのが、インフルエンザ脳症と言われています。
今回は、インフルエンザ脳症とは何なのか、そしてならない為に気を付けなくてはいけないことをご紹介します。

<インフルエンザ脳症とは?>

インフルエンザ脳症とは、1~5歳の乳幼児に発症することが多く、インフルエンザの合併症の中で特に重篤化しやすい疾患です。
症状としては、インフルエンザの症状に他にけいれんや意識障害、幻覚などの症状が現れて、さらにひどくなると血管が詰まったり、臓器不全が起きる可能性があります。
とても恐ろしい病気ですので、注意しなくてはいけません!

インフルエンザ脳症にかかってしまった場合、約8割の人は発熱後数時間から24時間の間に意識がもうろうとしたり、幻覚を見るなどの症状が現れます。
適切な治療をしていれば、約7割の人が回復すると言われていますが、死亡率が3割とかなり高く、後遺症が残ってしまう可能性もある、とても恐ろしい病気です。

<インフルエンザ脳症の原因>

インフルエンザ脳症の原因は、強い毒性から体を守ろうとして働きかける免疫回路がダメージを受けるためだと言われています。
インフルエンザなどにかかった場合、ウイルスを排除するサイトカインという物質が働きかけて、病気を治してくれます。

しかし、サイトカインの働きが過剰になってしまうと、インフルエンザ脳症になってしまう恐れがあるのです。
サイトカインの働きが過剰になってしまう原因については、はっきりと解明されていないようです。

ただし、乳幼児や日本人、東アジア人に起こりやすいという研究結果があるそうです。
ですから、乳幼児がインフルエンザにかかってしまった場合、特に注意が必要になるのです。

<インフルエンザ脳症にかからないための予防法>

インフルエンザ脳症を予防するためには、インフルエンザ自体の予防をすることが重要です!
インフルエンザにかからなければ、インフルエンザ脳症になることもありませんものね。

こまめな手洗いやうがい、そして人混みへの外出はなるべくしないようにして、マスクを着用することなどが、インフルエンザを予防することにつながります。
インフルエンザの予防接種を受けることも、予防につながりますね。

<まとめ>

インフルエンザ脳症は、とても恐ろしい病気です。
治ったとしても、後遺症が残ってしまう可能性もありますので、絶対にかかりたくないですね。

まずは、インフルエンザにかからないことが重要ですので、きちんとした手洗いやうがいなどを心がけ、インフルエンザにかからないようにしたいものです。

-インフルエンザ
-,