新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161210

節分

恵方巻2017年の方角は?由来を調べてみた

2016/12/11

節分が近づくとスーパーに並び始める恵方巻き。
昔から節分には豆まきという風習がありますが、恵方巻きを食べる風習はいつから始まったのでしょうね・・・。
恵方巻の由来や2017年の恵方の方角をご紹介していきます☆

<恵方巻きの由来>

節分に恵方を向いて食べると縁起が良いと言われている恵方巻きですが、その由来は・・・?
恵方巻きを食べるという風習は、どうやら江戸時代から始まっていたようです。

大阪の花街で節分のお祝いや、商売繁盛を祝い恵方巻きを食べていたようです。
今は恵方巻きと呼ばれていますが、その当時は「丸かぶり寿司」「太巻き寿司」などと呼ばれていたようです。

どちらも七福にちなみ、7つの具材を入れて作られていたようですね。
恵方巻きの由来はわかりましたが、一体いつ頃から私たちの身近な存在になったのでしょう・・・?

<恵方巻きが身近な存在になったのはコンビニのおかげ?>

最近では珍しくない恵方巻きですが、最初に見た時は「えっ?節分って豆まきだけじゃないの!?」と私は思いました。
毎年節分になるとずらりと並ぶ恵方巻きを買う人が出初めに比べたら、随分多くなったように感じます。

私も、周りにつられて毎年恵方巻きを買うのが当たり前になってきました。
そんな恵方巻きが手軽に食べられるようになったのには、コンビニが火付け役だったようです。

1989年にコンビニが太巻き(恵方巻き)を売り出したのがきっかけで、デパートやスーパーなどでも売られるようになったそうです。
手軽に食べられるようになったのは、コンビニのおかげなのですね☆

<2017年の恵方は?>

2017年の恵方は、「北北西」です。
皆さん、北北西を向いて静かに丸ごとかぶりつきましょう!

方角がわからない方でも、アプリをダウンロードするだけで、北北西が確認できちゃいますよ!
恵方巻きは昔からの風習のようですが、アプリをダウンロードして方角確認、そして恵方巻きを食べるってなんか不思議な感じがしますね。

<まとめ>

恵方巻き、恵方を向いて食べると縁起が良いということはわかっていましたが、大昔からそのような風習があったのですね。
ご自分で簡単に作れる恵方巻き、祈願しながら家族皆さんで今年は食べてみませんか?

-節分
-,