新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161210

節分

恵方巻の正しい食べ方は?

節分になると縁起を担いで食べる恵方巻きですが、正しい食べ方ってあるのでしょうか・・・?
ただ食べるだけじゃ縁起を担げないのでしょうか?
どのように食べるのが良いのかを調べてみましょう!!

<恵方を向いて食べましょう!>

恵方とは神様がいらっしゃる場所のようです!
ですから、やみくもに適当な方角を向いて恵方巻きを食べても何のご利益にもならないようですよ。

2017年の恵方は「北北西」ですので、方位磁石またはアプリを使って方角を確認してみて下さいね。
神様がいらっしゃる恵方だけをを向き、よそ見をせずにご利益を得られるよう祈願しましょう。

<しゃべらずに静かに食べましょう!>

恵方巻きを食べている時は、終始静かに絶対にしゃべらずひたすら食べましょう!
黙って食べないとご利益を得られないそうですので、食べ終わるまで心静かに落ち着いて食べることが重要です。

神様に祈願するのですから、しゃべりながら食べたりしたら罰が当たりそうですね。

<一気に食べましょう!>

恵方巻きは、まるまる一本食べることによってご利益を得られるそうですよ。
食べづらいからといって、包丁で切ったりせず、まるまるがぶっと一気に食べましょう!!

また、途中で食べるのを止めたり休んだりすると、ご利益がなくなってしまうそうなので、頑張って食べましょうね☆
小さいお子様やお年寄りは、太い恵方巻きを一気に食べるのは無理かもしれないので、細く巻いた恵方巻きを使用すると良いですね。

<まとめ>

恵方巻きの正しい食べ方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ご利益を得るためには、恵方を向き、黙って食べ、一気に食べる、この3つが重要なのですね。

私はこれまで恵方巻きを食べる時、包丁で切って食べていました・・・。
だからご利益がなかったのかな・・・?

今回正しい恵方巻きの食べ方を調べてみて良かった~☆
節分には、これらのことに気を付けて、家族皆で神様に祈願したいと思います。

ただ、うちの家族はお話好きで、いつもしゃべっているから、恵方巻きを食べる時は注意してあげなくちゃいけませんね。
皆さんも、恵方巻きを正しい食べ方で食べてみましょう。

-節分
-,