新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161213

卒園式

卒園式の服装 母親は何を着ていくべき!?おさえるべきマナー

2016/12/16

常にママの後を追いかけて泣いていたわが子もいよいよ卒園です。
お子様の成長が目に見えてわかる感慨深いその日、親子で思い出に残る卒園式を迎えたいですよね。

大切な卒園式のママの服装はどんなものが良いのでしょうか。
守るべきマナーを知って恥をかかないように、素敵なママとしてお子様の成長をしっかりと見届けましょう。

卒園式の服装 母親が抑えるべきマナーとは?

卒園式は子供の成長を祝うと共に、お世話になった先生やお友達とのお別れの式です。
基本的に濃い色を選びましょう。
明るい色は入学式にとっておいて、卒園式は黒や紺という定番のスタイルを守るべきです。

スカートスーツでもパンツスーツでもワンピースでも構いません。
要は色が大切です。
卒園式に明るめの色味のスーツを着ていくと、とても目立ってしまうかもしれません。
白と黒のスーツはOKですが、完全に白一色や派手な色味のスーツはマナー違反になりますので注意して下さい。

見落としがちなポイントとしては、その園の特有のしきたりがあるかどうかということです。
面倒くさがらず事前によく調べて下さい。
その園に通う先輩ママに聞けば一番ですが、聞けなければ担任の先生や園長先生に相談してみましょう。
黒のフォーマルのみというルールがあったり、和装禁止を知らずに着てしまったりしては親子で恥をかいてしまいます。

卒園式の服装 母親の例①

ダーク系のスーツに春らしいコサージュを選ぶとベストです。
コサージュの色は黒にしてしまうとお葬式のイメージになってしまいます。
スカート丈なら膝が隠れるくらいの丈を選び、ストッキングはベージュにしましょう。
寒いからと黒や柄入りのストッキングやタイツを選ぶのはNGです。

卒園式の服装 母親の例②

礼服を選んだら、パールのネックレスやコサージュで華やかさをプラスしましょう。
当然ストッキングは肌の色にして、黒は絶対に避けましょう。
地味になりすぎず、ヘアアレンジやコサージュで華やかさを補いましょう。

卒園式の服装 母親の例③

派手ではなく、地味になりすぎないシックな色味のワンピースにノーカラージャケットやテーラードジャケットを羽織りましょう。
周りはスーツが多いのでワンピース姿で目立つのが嫌だというなら羽織る上着は必需品です。

まとめ

いかがでしたか?
あまり難しく考えずに、子どもが主役の式典ですので子どもよりも目立たずにきちんと感が出るシックな服装が最適です。
新たに買う場合には、他のママや先生に相談して、長く使えるデザインを選ぶと良いでしょう。

-卒園式
-, ,