新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

卒業式

卒業式の服装 母親は何を着ていくべき!?おさえるべきマナー

2016/12/18

卒業式はわが子の大切な人生の節目の式典です。
周囲から浮くことがないように注意して下さい。
子どもよりも派手になってしまうとかなり目立ちます。
卒業式にふさわしくない服装で出席することがないよう、避けるべきことを確認してから準備していきましょう。

卒業式の服装 母親が抑えるべきマナーとは?

フォーマルな服装が基本ですが、喪服の様になってしまってもNGです。
ぜひ和装で、と思う人も子どもより華美にならずあくまでも上品にシックなものにしましょう。

一般的に黒や紺、グレーなどのスーツを着る人が多いのが卒業式です。
白やパステルカラーのスーツは入学式用にすることが鉄則なので卒業式はダーク系かブラックフォーマルが基本です。
スカート丈は長すぎず短すぎず、膝丈くらいがベストです。
ワンピースにジャケットでも問題ありませんし、パンツスーツでも大丈夫です。
色を注意してきちんと見える服装なら形はなんでもOKです。

ただし、スカートやワンピースの場合ストッキングは黒はやめましょう。
必ずベージュなど肌の色あいのストッキングを準備して、分厚いタイツもNGです。
コサージュも黒はNGです。
アクセサリーはパールが華やかでフォーマルな席にぴったりです。
あくまで上品に落ち着いたイメージにして、派手な服装・派手なアクセサリー・派手な小物は避けましょう。

卒業式の服装 母親の例①

ダーク系のスーツに華やかな色合いのコサージュをチョイスします。
インナーをフリルのついたブラウスにすれば華やかさにプラスして明るさが出ます。
シンプルなスーツにはコサージュの色遣いで差をつけましょう。

卒業式の服装 母親の例②

黒のワンピースの上にダーク系(グレーなど)のジャケットを羽織ります。
ジャケットは襟があってもなくてもOKです。

ワンピースの素材に模様やフリルがあればジャケットはシンプルに、ワンピースがすっきりシンプルならジャケットの素材を薄いツィードにしたり、モノトーンの細かい柄が入っていてもポイントになります。

卒業式の服装 母親の例③

肌寒さがきついならパンツスーツがおススメです。
インナーを華やかなデザインにすれば地味すぎない服装になります。
コサージュも思い切っていつもより明るい色を選んでみると、セレモニー仕様になります。
うっかりすると黒だけのパンツスーツは喪服のようになってしまうので、必ず明るい色や豪華なデザインのインナーで着こなしてください。

まとめ

卒業式はシックに落ち着いた雰囲気でまとめるとバッチリです。
地味になりすぎず、華美にならないよう大人の着こなしで出席して下さいね。

-卒業式
-, ,