新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161219

入学式

入学式の服装 父親は何を着ていくべき!?おさえるべきマナー

入学式の父親の服装、悩みますよね。
華やかなお祝いの式典ですから、やはり華やかなほうが良いのでしょうか?
初めての経験では特に悩んでしまいますよね。
マナーも含めて何がいいか確認してお祝いの当日を迎えましょう。

入学式の服装 父親が抑えるべきマナーとは?

お子様の大切な入学式です。
きちんとマナーをわきまえて式典に参加したいですよね。

入学式の父親の服装のNGとは?
あくまでも入学式はお子様が主役です。
カジュアルないつもの普段着はNGですし、しっかりとした礼服で行く人もいません。
母親が和装でも父親は和装にしないほうが良いです。
目立ちすぎてしまうのはマイナスになってしまいます。

上品な明るい目の紺やグレーといった定番の色のスーツがおススメです。
ネクタイは黒一色または白一色のものは明らかなマナー違反です。

スーツもネクタイもシャツも奇抜な柄や派手な濃い色合いも避けましょう。
小物は上品な色合いを選ぶようにして、全身黒やド派手な柄もNGです。
シンプルなスーツで来ている父親ばかりなので、完全に浮いてしまいますよ。

入学式の服装 父親の例①

シンプルで定番のスーツの色合いは紺やグレーを選び、中のシャツを白またはパステルカラーにしましょう。
春に似合う色合いのシャツがあればぴったりです。
シャツの色に合わせてネクタイを上品なものにしましょう。
フォーマルな席に合うネクタイの色はシルバーです。
靴下も油断せずにきちんとコーディネートして下さい。

入学式の服装 父親の例②

スーツを黒やダーク系にする場合、シャツやネクタイを明るめにしましょう。
ネクタイは上品なストライプや小さなドット柄などがあっても大丈夫です。
スーツが暗いのを補うようにネクタイを上品な柄にして華やかさを出すのはOKです。
あくまでも奇抜ではなく、品よくかっこよく決めて下さいね。

まとめ

見た目はとっても大事なので、お子様の入学式はぜひ上品できちんとした服装で参加して下さい。
お子様が自慢したくなるような、素敵な父親の姿を見せてあげて下さいね♪

-入学式
-, ,