新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161225

花粉

秋の花粉症って何が原因なの?対策まとめ

2016/12/26

秋になって花粉症のような症状が出ているのに、春ではないから風邪だと思っている方はいらっしゃいませんか?

花粉症と言われますとたしかに春というイメージがありますが、秋にも花粉症はあります。

秋の花粉症は春とは違うの?秋の花粉症対策は?

秋風邪だと思っていたラ実は花粉症だったという方も多い秋の花粉症について調べました。

秋の花粉症の原因は?

秋の花粉症を引き起こすのはキク科の植物であるブタクサ、ヨモギ、そしてカナムグラなどです。

どれも8月から10月頃に花粉が飛び、花粉症の症状が引き起こされます。

これらの草花は道端などに生えていることが多いですから、河原や空き地の前を歩いたり、公園で遊んだりすると花粉症の少女が出ます。

春の花粉と秋の花粉の違いは?

春の花粉と秋の花粉では花粉の粒の大きさが異なるため、症状の出方が異なります。

スギ花粉に代表される春の花粉は粒が大きいですから、鼻から吸い込んだ花粉が鼻の粘膜にとどまって相乗を引き起こします。

そのため、春の花粉は鼻水やくしゃみなど、鼻を中心に症状が出ます。

その反対にブタクサの花粉に代表される秋の花粉は粒が小さいため、吸い込んだ花粉は喉まで下がってきます。

そのため、秋の花粉は喘息のような咳が特徴となっています。

秋の花粉症対策はどうすればいい?

ブタクサなど秋の花粉の原因になるキク科の植物は河原や空き地、堤防などに生えていることが多いですから、できるならば秋の時期はその地殻を通らないようにしてください。

また堤防などは時折草刈りをしていることがありますが、草刈りをすることで花粉はかなり飛びますから、草刈りをしているときはいつもよりもなお一層注意しましょう。

それ以外の対策としては春の花粉症と変わりません。出かけるときは帽子やマスク、家に帰る前は服について花粉を払い、帰ったら手洗いやうがいをしてください。

まとめ

春は花粉の症状が出ないのに、秋になると花粉の症状が出る方もいます。

春ではないから花粉症ではないと思っていた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは秋の花粉症による症状です。

喘息のような症状が続くとかなりつらいですから、鼻がムズムズしてきてなんだかおかしいと思ったら、早めに病院に行って診断を仰いでくださいね。

-花粉
-,