新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161219

入学式

小学校の入学祝はいくら渡すべき?

2017/01/14

小学校は義務教育9年間のスタートです。
初めて通う学校へのお祝いをどのような形でいくら渡せばいいのかは贈る側の立場によっても違うようです。
気持ちよくお祝いの気持ちを伝えられるよう疑問を解決していきましょう。

小学校の入学祝はいくら渡すべき?

孫の場合
現金のみ、入学後に必要となる品物のみ、現金と品物の両方贈る3パターンに分かれるようです。
金額は1万円の方もいれば5万円以上の方までさまざまです。

親戚の場合
贈る側の年代によって幅がありますが、1万円包まれる方が多いようです。
若い独身の方が甥や姪に渡す場合は3千円~5千円ほどでも構いません。
金額が少ないことが気になるときは金券類で対応してみましょう。

友達の子供の場合
どの程度のお付き合いをしている友達なのかにもよりますが、お祝いを包むときは3千円~5千円が一般的なようです。
我が子が先にお祝いをいただいていた場合は同額を包むようにするのがベストです。

入学祝の渡し方のマナー

4月上旬の入学式までには必要なものを揃えなければならないので、準備に間に合うよう3月上旬から中旬頃までには渡すようにしましょう。
100円ショップや文具を扱うお店へ行くと入学祝を入れるいろいろなタイプののし袋が販売されていて選ぶ側も思わず楽しくなります。
のし袋は入学祝用であればどれでも構いませんが、上司など渡す相手によっては水引の使用されている正式なものを選ぶことをおすすめします。
お祝いごとですので水引は蝶結び、蝶切りと呼ばれる紅白のものを使用しましょう。
表書きは御入学祝や祝御入学などが一般的です。
お金を入れる封筒に金額や名前を記入した後は中に入れるお金の向きにも注意してください。
お祝いですのでお札は描かれている肖像画の部分が上にくるよう表向きに入れます。
のし袋を水引でとめる前にも明記した金額が入っているか、のし袋を下側から被せてあるか最終的なチェックをしましょう。

まとめ

入学祝の金額に関して明確なルールはないようです。
状況に応じて金額を考え、お祝いの気持ちを込めてお渡しすれば問題ないでしょう。
相手が不快に思うことがないよう、くれぐれもマナーだけは気を付けてくださいね。

-入学式
-,