新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20161219

入学式

大学の入学祝の相場は?

大学の入学祝は一体どのくらいが妥当なのでしょう?
大学生ともなると初めて一人暮らしをする人もいるでしょうし、中学や高校よりも金額をアップするべきなのかどうか迷うところです。
いったいどの程度の金額を包むのが一般的なのかを見ていきましょう。

大学の入学祝の相場は?

孫の場合
大学になると祖父母の多くは1万円~5万円を孫への入学祝いとして包んでいるようです。
孫が大学に入る頃になると年金で生活している方も増えるので、お祝い金額に幅がでるのかもしれません。
中にはお金ではなく大学で必要となるパソコンや入学式に着るスーツなど品物で贈る方や入学金をお祝いとして支払った方、新生活のための用品をお祝いとして揃えたという方もおられるようです。
金額は今の自分が出せる範囲で構わないと思います。
大事なのは孫に対する期待や愛情を込め、見守っていること、応援していることを伝えることです。

親戚の場合
親戚の子供への大学入学祝には1万円~2万円包む方が多いようです。
親戚付き合いの一環ともいえるので、我が子がお祝いに受け取った金額と同じ金額を包むといった暗黙のルールが存在している場合があるかもしれません。
現金ではなく各種ギフトカードなどを贈る方もいらっしゃいますが金額はやはり1万円以上。
相場としては1万円以上ということになりそうです。

友達の子供の場合
大学となると親しい友達の子供とはいえあまり少ない金額を包むわけにはいきませんね。
小学校から高校まで少しずつ金額を上げて包んでいる場合はなおさらです。
ネット上のアンケート等をみても1万円と答えている方が多くなっています。
自分が独身の場合、ただ贈るだけになってしまうかもしれませんが、気持ちよくお祝いすればその後の友達関係もスムーズにいくでしょう。

まとめ

学生として最後となる大学の入学祝だからと急に金額を上げる必要はなさそうです。
大事なのは入学を祝う気持ちですので、相場を参考にしてできる範囲内で贈れば問題はないでしょう。
とはいえ高校の入学祝に包んだ金額よりも少ないと受け取った側はあまりいい気がしないはず。
成長したことへのお祝いも含まれているので、同額もしくはそれ以上の金額にしてくださいね。

-入学式
-,