新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

20170220

お花見

醍醐桜の見どころと交通アクセス・歴史まとめ!

2017/02/23

毎年春になると、綺麗な桜見たさに様々なお花見スポットを訪れる方も多いのではないでしょうか。
全国にあるお花見スポット、旅行がてら行くも良し、近所の桜をふらっと訪れてみるのも楽しいですよね。
今回は、名前の通り後醍醐天皇が関わったと言われている「醍醐桜」について紹介していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=YO0RALmMpDk

<醍醐桜の歴史>

高さ18m、幹回り7m、枝張り20mの巨大な一本桜。
推定樹齢は700年と言われていますが、1000年を超えているという説もあります。

元弘2年に、後醍醐天皇がこの桜を見て称賛したことがきっかけで「醍醐桜」と呼ばれるようになったと言われています。
現在は、県内はもちろん、県外からも多くの観光客で賑わう桜の名所となっています。

<醍醐桜の見どころは?>

醍醐桜は、毎年4月上旬から中旬にかけて見頃を迎えます。
満開時の可愛らしい桜の花の姿に、心和む一時が味わえます。

桜の時期には「醍醐桜まつり」が開催され、軽食や農産加工品の販売も行われ、お花見以外にも楽しめちゃいます☆
夜はライトアップされた桜を見ることができ、最高のシチュエーションの中お花見を満喫できますよ。

後醍醐天皇が称賛した「醍醐桜」の圧倒的な迫力と、幻想的な世界に酔いしれること間違いありません。

<醍醐桜の場所と交通アクセス>

【住所】岡山県真庭市別所2277

【交通アクセス】電車:JR美作落合駅から車約40分
        車:中国道北房ICから車約30分中国道落合ICから車約40分

【駐車場】200台 500円/1台

<まとめ>

天然記念物にも指定されている「醍醐桜」の見どころや交通アクセスを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
迫力ある桜の木が満開の桜の花を、より幻想的に魅了されるお花見スポットにしてくれています。
見応えのある醍醐桜、皆さんも一度ご覧になられてみてはいかがでしょうか。

-お花見
-,