新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

中秋の名月っていつのこと?【2016】お月見の飾りとお供え物

童謡「十五夜お月さん」、有名なので皆さん一度は耳にしたことがあると思います。

十五夜お月さん=中秋の名月 です。

中秋の名月とは一体何なのでしょうか・・・?

中秋の名月はいつなのか、また、お供え物や飾り物についてご紹介していきます。

 

中秋の名月っていつ?

中秋の名月とは、旧暦の8月15日のことです。(十五夜とも言われています。)

2016年の中秋の名月(十五夜)は、9月15日です。

中秋の名月は満月だと思っている方も多いかと思いますが、そうではないのです!

月の満ち欠けはきっちり1日単位ではないので中秋の名月(十五夜)が満月とは限らないそうです。

 

中秋の名月って何?

中秋の名月とは旧暦の8月15日だということは先ほどお伝えしました。

しかし、なぜその日が中秋の名月なのでしょうか?

旧暦では7月~9月が秋でした。そして8月は旧暦の秋という季節の真ん中にあたります。

また、8月15日は8月の真ん中の日にあたります。そこから「中秋の名月」と呼ばれるようになりました。

中秋の名月には、お供えをして穀物の実りが豊富になるよう祈願します。

また、9月に収穫される「芋」をお供えすることからも、中秋の名月は「芋の名月」とも言われています。

中秋の名月は、収穫を感謝するという意味もあるのです。

 

お月見の飾りとお供え物

お月見には、月見団子やススキが欠かせませんが、どうしてなのでしょう。その理由について調べてみました。

月見団子

十五夜ではこれからの収穫を祈り、十三夜ではその年の収穫に感謝してお米の粉で作った団子を供えたのが、月見団子の始まりです。

白くて丸い月見団子は月が満ちる姿(満月)を模したもので、収穫への祈りや感謝だけでなく健康や幸福も表しています。

お月様と同じ丸い月見団子をお供えして、そのお団子を食べることで、健康と幸せを得ることができると考えられています。

 

ススキ

月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられます。

本来、月の神様の依り代は稲穂なのですが、お月見の時期に稲穂がなかったため、稲穂に似ているススキを供えるようになったそうです。

また、ススキには「魔除けの力」があると信じられてきたことから、お月見に供えたススキを軒先に吊るすと一年間病気をしないという言い伝えも残っています。

 

収穫した野菜・果物

収穫に感謝して、その時期に採れた野菜や果物をお供えします。

十五夜には、芋類の収穫時期であることから里芋やさつまいもなどをお供えします。

また、ぶどうなどのツルものをお供えするとお月様との繋がりが強くなるとも言われています。

 

まとめ

これまで知らなかった中秋の名月(十五夜)について、だいぶ理解できました。

お供え物や飾り物も、きちんと意味があってやっていることなのですね。

これまでは、何も考えずに、ただ月見団子を食べてお月さまを眺めていましたが、今年はきちんと収穫を感謝しつつ健康や幸せを祈願しようと思いました。

-
-,