新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

インフルエンザ

インフルエンザの薬で異常行動が出るって本当?

インフルエンザを発症した時、症状を軽くして早く治すためには薬が効果的なのですが、インフルエンザの薬を飲むと異常行動が出るという話があります。

異常行動が出ると言われているインフルエンザの薬とは何なのでしょうか?そして本当に異常行動が出るのでしょうか?

 

インフルエンザの薬とは?

インフルエンザのウイルスが増殖すると、熱や倦怠感、関節痛など身体に症状があらわれます。

インフルエンザの薬は、インフルエンザの増殖を抑えるために用いられます。

インフルエンザの増殖が抑えられれば徐々に症状も軽くなってきますし、回復するまでの時間を短縮することが可能になります。

 

異常行動が出ると言われた薬は「タミフル」

インフルエンザの薬の中でも、飲んだことによって異常行動が出たと言われている薬は「タミフル」です。

「タミフル」は主にインフルエンザa型の治療に使われる薬ですが、飲むことによってつらいインフルエンザの症状をかなり和らげることができます。

インフルエンザの治療に用いられる他に、「タミフル」はインフルエンザの予防にも効果があります。

「タミフル」には大人用のカプセルタイプと子供用のドライシロップタイプがあります。

 

インフルエンザの薬で異常行動が出るって本当?

インフルエンザの薬のタミフルと異常行動の関連性は医学的に証明されてはいません。

しかし、実際にタミフルを飲んでから異常行動が出たという方の例はあります。

異常行動が出たと言われているのは子どもが多いです。

「タミフル」を飲んで24時間以内に幻覚や幻聴などがあらわれ、転落や飛び降りなどの例が出ています。

最近では「タミフル」を避けて「リレンザ」など他のインフルエンザの薬を処方する病院も増えてきましたが、実際に飲んだからといって全員に異常行動が出るわけではありません。

それでも大事を取って、「タミフル」を飲んだらしばらくは高いところなどに行かないほうが良いでしょう。

 

異常行動が出ると聞いてしまうとインフルエンザの薬をのむことが怖くなってしまいますが、全員に出る症状ではありません。

異常行動が出るという「タミフル」ですが、インフルエンザを治すためには非常に効果的な薬です。

「タミフル」を飲んだら異常行動を抑えるために高いところを避けるなど、できる対策はとっておきましょう。

 

 

-インフルエンザ
-, ,