新木ログ

新木が気になった情報をお届け!イベント情報や豆知識等。

7d050dfd06e20a08fc9fbd5ffa7d2eca_s

インフルエンザ

インフルエンザa型の潜伏期間と症状について

インフルエンザのa型、b型、c型の中でもっとも多くの人がかかって強い症状が出ると言われているものがインフルエンザa型です。

よく風邪と間違えてしまう方が多いインフルエンザですが、インフルエンザa型の潜伏期間と症状にはどのような特徴があるのでしょうか。

よくわからないという方のためにインフルエンザa型の潜伏期間と症状について調べました。

 

インフルエンザa型の潜伏期間は?

ウイルス性の病気の潜伏期間は病菌の種類によって異なりますが、同じインフルエンザの中でもインフルエンザa型は潜伏期間が短いものとして知られています。

インフルエンザa型の潜伏期間は1日から2日です。

インフルエンザa型のウイルスの増殖のスピードは非常に早く、感染してから8位時間で100個、16時間で1万個、そして24時間後には100万個となり発症に至ります。

スピードが非常に早いために、もしかしたら感染したかもという頃には発症してしまうかもしれませんから、ご注意ください。

 

インフルエンザa型の症状

普通の風邪の場合は鼻水や咳から始まって発熱することが多いのですが、インフルエンザa型の場合はそれよりもまず全身がだるくなり高熱から始まることが多いです。

高熱や倦怠感などが出た後から鼻水や咳などが始まりますから症状を全体的に見れば風邪と違いはあまりありません。

しかしこれまで鼻水や咳など風邪のような症状が全く見られなかったにもかかわらず急に身体がだるくなったり悪寒があって熱をはかってみたら高熱だったという場合はインフルエンザa型の可能性が非常に高いです。

人によって症状は異なりますし予防接種をしている場合は症状が弱く出ることもありますが、急に強い症状が出た時はインフルエンザa型を疑ってください。

 

インフルエンザa型は他のインフルエンザの型と比べてもかなり症状が重いです。

薬を飲めば症状も軽くなりますから体調も良くなってきます。

ですからおかしいと思ったらすぐに病院に行って診てもらい、しばらくは安静にして休みましょう。

忙しい時にインフルエンザにかかればイライラしてしまいますが、まずは体を治すことを考えてくださいね。

 

-インフルエンザ
-,